2006年11月21日 (火)

そっくり!

Egg 今日は、銀座に昔からある洋食屋、煉瓦邸で、“元祖オムライス”をいただく。一般的なオムライスとはちょっと違い、卵をからめたライスをいためて、木の葉型にととのえある。卵がところどころ生っぽく、とろんとしていて美味。ハイカラな気分♪

いつも思うのだが、ここの経営者親子は顔も話し方もそっくりで、ふたりで「いらっしゃいませ~」とやってくるので、ビックリする。

“そっくり”といえば、先週の金曜日は、同じく銀座の日本料理屋、さのでお昼を食べたのだが、この板前さんは、私が通っている青山の美容院、ソシエゴの代表、佐野さんの弟さん。やっぱり目が大きくって、雰囲気が似ている。でも、何より似ているのがしぐさ。

美容師の佐野さんは、真剣に髪を切る作業に集中しているかと思うと、ふと、力を抜いて軽く目線をあわせ「いかがですか?」とさりげなく話しかけてくれる。日本料理屋のさのさんは、刺身に真剣に包丁をあててスーッと切ったと思ったら、「道わかりましたか?」と、柔和な表情で話しかけてくれる。その緊張→弛緩のリズムが、兄弟そっくり! 

カウンター越しのさのさんに、そう指摘すると、「ま、でも、あっちは青山のイケメンですからね。イ・ケ・メ・ンですよね、って言ってやってください。僕は1000円カットですよ。」と豪快に笑っていた。銀座と青山、食と美の巨匠。どっちも素敵です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月12日 (木)

キラー通りの餃子屋

Gyoza_2 本日、自転車通勤。帰宅途中、外苑前キラー通りぞいの福蘭に立ち寄って、夜ご飯。

ここは、青山にあると思えないほど小汚い店だが、餃子がスペシャル! ニンニクとねぎがたっぷり入っていて香ばしい。こっくり味でいて、やわらかいのだ。揚げた餃子を、醤油系のスープで煮込むという、ちょっとユニークな作り方。アジアの屋台のような、油っこくて、ちょっとヤバそうなディープな味にやみつき。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月23日 (土)

村上祥子先生のミニシェフクラブ

Murakami 村上祥子先生主宰の3歳のためのミニシェフクラブ・親子料理教室を見学。3歳児なんて何もできないだろうと思っていたけれど、なかなかどうして。子供って、素直で好奇心がいっぱい。それをうまく引き出して導いてあげれば、けっこう喜んでいろんなことをするんだなぁと感心した。

まず、食材をもってきて、「これ何かわかる人?」と先生がきくと、「にんじん!」「ごぼう!」「れんこん!」「たけのこ!」「いんげん!」などと子供たちは口々に得意げに答える。お塩やお砂糖は実際になめてみて、味で何だか判断する。お酢の味は「すっぱい」という語彙がないのか、「しょっぱい」と答える子が多かった。

「お米といでみたい人、手をあげて」と先生がいうと、「はーい!」と全員手をあげて、ひとつのボールの前に列になって、みんなで交代でお米をとぎはじめる。なんて、やる気! 最後にできあがったおすしは、みんなお母さんのところに自慢げに見せに行き、よく食べていた。家では野菜をまったく食べていないという子も、おいしそうに食べていたから成功なんだろう。

それはさておき、驚いたことは、村上祥子先生、お年は64歳になられるはずだが、「毎日、朝3時に起きて、一日中仕事をしています。それは、よく食べているからです」とおっしゃったこと。ちょっとプロフィールをみても、単行本を100冊以上出したり、一日に飛行機を3便のりついで、あちこちで仕事をするとか超人っぷりがわかる。かの有名な料理研究家の栗原はるみ先生も、たしか朝4時だか5時だかに起きて、家中のガラス窓をふくところから一日がはじまる、と言っていた。料理研究家って働き者だなぁ。食の力か。すごい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)