2006年11月 2日 (木)

洋服のサイズと再生

最近、自転車通勤したり、皇居まわりをジョギングしたりしているせいか、ほんの少しだけど、痩せたみたい。といっても、1キロくらいだから、全然たいしたことないんだけど、やっぱり、なんだか、うれしいな~。この心境の変化こそが、ダイエットの何よりの収穫だ。

で、さっそく新しい洋服を買いに行って、あれこれ試着していたら、体型を隠そうとするのではなく、できるだけタイトにして思い切ってラインをみせたほうが着やせすることを実感した。それで、手持ちの服をよくみると、ゆるいものが多かったので、徹底的にお直しをして、再生することにした。

今日は、スーツのジャケットの肩を2cm内側にいれ、1.5cm袖をつめ、スカートのウエストを4cmつめた。パンツの丈を6cm切って、ロングコートの丈も15cm切ってもらうようにオーダーした。先日、買ったタイトスカートも、ひとつ小さめのサイズのものに交換した。

ピッタリで着たほうがすっきりみえるって、理屈はわかっていたけれど、結局、これまでは、勇気がなかったの。とりあえず、太めの私には、目立たないように大きめを選んでごまかすしかない、ピッタリ着るなんてみっともない、と卑屈に思っていたから。

でも、あるものをあるがままに見せればいい。・・・んだよね。服だけのことだけじゃなく。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年7月19日 (水)

腕時計を探して

ブログにものを書くのは、なかなかに難しい。

そもそも、私はあまり自分のことを公開したくないタイプだ。さしさわりのないテーマで書くことをみつけられれば、と思っていたれど、まったく、思い通りにならない。情けなや・・・。

さて、最近、ちゃんとした腕時計が欲しくなって下見をしている。カジュアルなものではなくて、少し高価な時計。何かひとつ、きちんとしたものを身に着けて、気持ちをひきしめておきたい気がして、デパートを見て歩いた。気になったのは、カルティエのサントス・ドゥモワゼル、エルメスのケリーⅡ、シャネルのJ12など。上品だけれど、気取りすぎてないシンプルなものが欲しいなぁ。

 「腕時計って、あなたにとってどんな存在?」とたずねると、その答えで、その人のパートナーに対する気持ちがわかる、という。私は「今はまだ、これ、という時計をもっていないけれど、いつか、とっておきの自分にあった時計が欲しいな~とずっと思っていて、最近、ちょっと本気で探そうと思っているところ」・・・かな!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)