2006年12月 5日 (火)

早明戦は、いまいち

Soumeisen_2 風邪が治りきらぬままに、早明戦へ。

場所は、国立競技場。かなり、ぎっしりと席がうまっていて驚きだ。明治ファンが多いのだろう。スコアボード側には、幅広く、紫に白の旗がひるがえっている。昼ごろは、わりと温かかったが、すぐに曇ってきて寒くなる。

今回は、観戦メンバーに明治OBもいたため、バックスタンド中央のいちばん高いブロック(B席)に席をとった。正面には、新宿の高層ビルが林立しており、なかなか壮観なパノラマだ。

結果は、早稲田43vs明治21で、早稲田は、明治のフォワード重戦車攻撃をかわし、対抗戦6連覇を順当に決めた。のだが、個人的には、なんとなく不完全燃焼な気分。

ひとつは、まず、超個人的なのだが、観戦位置が遠すぎた。全体の流れは確かによく見えるのだけど、みんな豆粒大で、ゼッケンがかろうじてみえるかどうか。表情がみえたり、声がきこえたりする秩父宮のライブな趣がないと、つい応援への熱意と集中力が薄れちゃう。こういう、ちょっとしたことで、いちいち気分が左右しちゃうのは、いかにも、主観的な女のラグビー観戦なんだけど。

試合の中では、曽我部のパスミスで、明治の濱島にインターセプトされてトライとなったシーンが妙に後味悪く、目に焼きついている。

曽我部のロングパスが裏目にでてしまったこと。(今回の試合では、他にも曽我部はノックオンなど、ミスが多かった)。ボールを奪われて、早稲田の選手は誰も、本気で追いかけようとせずに、すぐにあきらめてしまったこと。濱島がど真ん中にトライをして、勝利のアピール・ポーズをしたこと。あとから、見たことには、ボールにキスまでしている。これは、ラガーマンシップ的にはなし!ですよね。

ひいた目線でみると、早稲田の勝利がほぼ確定している試合を見続けることに、少し飽きてきた気がする。伝統校の明治も、もっと脅威のチームになって、ラグビー界全体が盛り上がってくれないとね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月25日 (土)

ラグビー早慶戦雑感

あー風邪ひいて、つらい・・・。ちょっと遅ればせながら、23日のラグビー早慶戦観戦記を。

私は前日、友人たちと松本に宿泊しており、試合の1時間前には中央自動車道、談合坂サービスエリアの休憩所にいた。間に合うかどうかハラハラしながら、高速をぶっとばして移動。外苑前で車からおろしてもらい、黄色く色づいた美しい銀杏並木をもっと、ちゃんと味わいたかった・・・と思いながら、猛ダッシュでくぐりぬける。バックスタンド側から飛び込み、秩父宮競技場に入ったのは、キックオフの1分前だった。

この日の観戦メンツは、慶応出身者2名、他大出身者1名、早稲田出身者3名の合計6名。敵味方混在の応援となる。あらかじめ席をとっておいてもらったため、なんとか着席できたが、秩父宮はほぼ満員。天候は曇り。少し肌寒く、日本酒をいただきつつ、観戦する。

春の早慶戦は新潟のビックスワンで行われて見に行ったのだが、14対40で、早稲田は負けている。その日は、ジャパンの試合などと重なり、早稲田はベストメンツではなかったが、それにしても課題の多い試合だった。印象的だったのが、慶応で3トライを決めた14番ウイング山田。敵ながら、あまりに華麗な動きで、存在感抜群だった。

さて、試合のほうは、前半は早慶ともに大きくボールを回すが、両者攻めても攻めても、膠着状態。豊田のトライ、曽我部のドロップキックが決まり、早稲田がようやく流れをつかんだかと思いきや、慶応のキャプテン青貫の執念のトライ。そして、慶応、山田の早稲田ディフェンスをふりきっての右すみタッチぎわでの華麗なトライが決まり、8対14でリードされたまま、ハーフタイム。

だが、後半で修正して実力を発揮するのが、最近の早稲田のパターン。五郎丸、今村、曽我部、矢富といったスターバックスが個人技を見せ付けるトライを連発。五郎丸は、タックルに入った慶応の山田をひきづったまま走りぬいての迫力のトライをみせた。五郎丸のコンバージョンも帝京のときと同様、後半になって、やっと決まりだす。41対26で早稲田勝利。圧勝とはいかなかったけど、見ごたえありました。

競技場で、早稲田スポーツ(新聞)をもらった。ここに、メンバーの50メートル走のタイムが書いてあって面白かった。いちばん速いのは、ジャパンにも選ばれたCTB今村の5.9秒。この走力が、あの縦突破につながる。後のレギュラー陣はだいたい6秒代。CTB谷口、WTB早田が6.0秒。WTB菅野が6.1秒。FB五郎丸が6.2秒とバックスはやはり、みんな速い。PR畠山が7秒5ともっとも遅いが、125キロの体重を考えるとやむをえない。意外に遅いなと思ったのが、SO曽我部の6.9秒。トリッキーなパスやトライの技が光る選手だけど、たしかに馬力でふっきるような突破はみない気もする。天才と呼ばれるが、足の遅さが弱点だったのね。まぁ、普通に考えたら十分、速いんだけど、ラグビーは、0.5秒くらいで、ずいぶんと試合が動くものだ。

帰りには、去年の早稲田の主将・佐々木、副将の青木、LO内橋の3人組、現在はコーチの久木元、タマリバでプレイする勝田各選手とすれ違い、人並みにミーハーな私は、心の中で「キャー!」と思う。いっしょに観戦した友人は手をふったり、写真をいっしょにとってくださいといって積極的に話しかけていたが、私は、逆に、こそばゆくて目をあわせられない。私など、所詮、一ファンに過ぎないし、どうせ、「がんばってください」「ありがとうございます」程度の会話しかできないのは、去年さんざんやって、わかっているから。

もう一度、大学生に戻ったら、私はラグビー部のマネージャーをするだろうか・・・と思い巡らす。でも、よく考えると、やっぱり、私には難しい気もする。できることなら、いつか、仕事を通じて、ラグビー関係者と関われたらいいなと思う。でも、そのためには、自分はまだまだ未熟。やっぱり、ただのファンでしかない。

しっかし、この寒空の下の観戦で、すっかり風邪をひいてしまったよ。あー、鼻がつまって気持ち悪い。今週末は仕事が山積みなのにどうなることやら・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月13日 (月)

ラグビーの秋、早稲田VS帝京

Teikyo_1

早稲田にとって、対抗戦グループいちばんの強敵、帝京大学との試合を見に秩父宮ラグビー場へ。今回の試合は、いっしょに行こうと誘った相手にことごとく断られ、ひとりで観戦すること。でも、ラグビー観戦は面白いので、へっちゃら♪(←それもどうよ、という話もあるが)

前半は、赤い集団、帝京に3トライを奪われて、22対19と厳しい展開。

しかし、後半は、早稲田のバックスをまわす展開で盛り返し、帝京を完封に抑えた。

なかでも、曽我部のゴール前でのタックルをはずしながら空中での絶妙なパス→菅野のトライは華麗! 今村の走って走って縦突破(早い!)。矢富のするりと抜けるトライなど、鮮やかなトライシーンがいっぱいで、久々に見ていて気持ちよかった。

バックスタンドはほぼ満席。10月9日に見に行った立教大学戦と比べると、やはり、圧倒的に人が入っている。そして、ずいぶん寒くなったものだ。日が沈むのも早くなり、後半は夕日がまぶしく、手でひさしをつくりながら観戦。

いよいよ、ラグビーシーズンも佳境。来週は、いよいよ早慶戦だ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 1日 (日)

ラグビー・トップリーグ第4節、東芝、NECの順当勝ち

Toshiba_nec 青山~千駄ヶ谷まで自転車をふらふらと走らせて、秩父宮競技場の前をとおったら、ちょうどトップリーグの試合(NECvsリコー、東芝vsセコム)がはじまるところだった。千駄ヶ谷の東京体育館のプールに行く予定だったのだけれど、久々のラグビーの匂いにつられて、思わず、予定を変更して、入場してしまった。

秩父宮競技場は芝生がはりかえられたばかりだそうで、青々としていて、壮観だ。人のいりは、半分くらいか。

トップリーグの試合は、そんなに一生懸命追ってはいなかったのだけれど、今年は清宮監督ひきいるサントリー(去年6位)が宣言どおり、優勝するかが注目だ。サントリーのいちばんのライバルとなるであろう東芝やNEC(去年優勝)の試合も、見ておくにこしたことはない。日本代表の選手も続々登場することだし・・・。

NECとリコーはNECが順当勝ち。後半リコーが追い上げたけれど、逆転ならず。面白かったのが、ラグビーでは珍しく、乱闘騒ぎがあったこと。NECのSOヤコが、リコーのSHの春口翼選手をつまみあげたかなんだか?だと思うが、よくわからない理由で、いつのまにか多くの選手が参加する乱闘に。

リコーのSHの春口翼選手は、身長が159センチ62キロと小さいので目立つ。関東学院春口監督の息子で、同様に背が小さいけれど、とてもすばしっこい動きだった。

東芝vsセコムも、セコムがねばったものの順当に東芝が勝ち。東芝はさすがの貫禄だ。

今回は、はじめて、実況解説を秩父宮近辺だけできこえる特別ラジオ放送できいてみた。上田昭夫氏(慶応の元監督・現在フジテレビ勤務)のマシンガントーク炸裂。赤い髪の毛をパイナップル型に刈り込んでいる東芝・バツベイ選手のことを「これ、オラウータンだよ。オラウータン」とか、風邪をひいているらしく、「今から鼻かむから、なんかしゃべってて」と、急に解説を休むとか・・・。たとえば、今回は「ジャッカル」というプレーをテーマにし、ジャッカルになりそうなプレーについて重点解説があったり、ラグビーがよくわかる工夫がいっぱい。また、l素人っぽい女の子が、解説メンバーに加わっていて、たまーに、ぼけっと質問をするのも、場内限定のラジオ放送ならではのゆるさで面白い。一人ラグビー観戦の時は要チェック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月21日 (月)

W早稲田戦ミーハー対決

8月20日、甲子園で早稲田実業VS駒大苫小牧が繰り広げられると同時に、菅平では、ラグビー部の夏合宿をしめくくる決戦、早稲田VS関東学院が行われた。ラグビー好きの私としては、菅平まで行くか、にわかフィーバーの野球をテレビで見るか、当日の朝まで迷っていたけれど、結局、この暑さの中、菅平まで移動して3試合みるという気力が失せて、高校野球をクーラーのきいている部屋で、テレビ観戦することに。

ハンカチ王子、斎藤君の15回の好投よくがんばった。クールなスライダーはもちろん、話し方がさわやかでかっこいい~!! 早実出身の友人の応援っぷりを最初はクールな目でみていたのだけれど、決勝を見たら、私もミーハー心を見事にかきたてられてしまった。こりゃあ、さぞかし人気がでることだろう。

もうひとりのヒーローといえば、2塁打をうった桧垣君。斎藤君と違って三白眼のニヒルなイケメン。将来は、商社あたりにつとめて、いかにもモテモテみたいなイメージ。彼は東京海上系列の会社の社長息子だそうで、社長はずっと、甲子園から帰ってこないという。

それから、父親がタイで闘病中の船橋君。バッティングについて、夏になってから、「何かをつかんだ気がする」とのことで、気迫と熱がダイレクトに伝わってくる感じがいい。バットをくるくると振り回して、うってやるぜ~みたいな。斎藤君と好対照のあついタイプだ。

それにしても、早稲田応援席に女子がいるのは、なんだか違和感。数年前、共学になった早実出身のワセジョは来年度から早稲田大学に入学するそうで。旧型ワセジョ代表としては、複雑。

甲子園になると、ミーハー心といってもオバサン目線。「子供が生まれたら、あぁいう子に育てたいわねぇ・・・」と思いながら見る。選手の名前が、みんな私の世代(30代)にもいそうな昔かたぎの質実剛健な名前なのも安心できる感じがする。田中将大、斎藤佑樹、皓次朗、悠、啓介など。たとえば、スノボの今井メロ&童夢みたいないかにも新しい名前は多くない。きっと、高校球児の親って、堅気の真面目なタイプが多いんだろうな。

ラグビーの試合を見に行ったときには、活躍する選手に対して、多少、妄想恋愛が入る。「好みのタイプ:めがねが似合う子、か。きゃー、もう、めがねかけて見に行っちゃう~」みたいな(笑)。でも、高校野球の選手はちょっと無理。この差は相手が、高校生か、大学生かっていうのもあるけど、それだけでもない。

あくまで、イメージなのだけれど・・・、高校野球は丸刈りだったり、強行な試合日程だったり、規則に従うこと、我慢強さが要求されるように思う。早実のいいとこ育ち・さわやか感は、ちょっと今どき風だけど、それが珍しいからこそ、これだけ注目されているわけで。基本的には、高校野球は、大人のルールの枠内で繰り広げられる旧型のドラマだ。

これに対して、ラグビーは「ノーサイドの精神」「All For One.One For Alll.」というスローガンのとおり、仲間を愛する広い心が大前提。そして、世間の注目度もそれほど大きくはなく、でも体の酷使と痛さは強烈で、見てくれが崩れてモテなくなることなど気にせずに、勝つために、文字どおり体当たりでストイックにプレイする姿には敬意を表する。こんなことをできる人は、年が自分より若くても、精神的にはよっぽど大人なのかもしれないな、と。ま、実際に選手と話してみると、「あーやっぱり学生だな」とほほえましく思ったりする場合もあるんだけど。

ちなみに、サッカーはJリーグをみていても、選手たちがみんな髪の毛そめていて、整った顔立ちの若者も多く、「目だってモテタイ」意識がとても感じられて、ちょっと嫌。応援にしても、派手なパフォーマンスしまくりで、試合をサカナにお客がストレス発散をしたいだけのように思えることもある。相手が失敗するとブーイング・コールをするのも、私の神経をさかなでする。ラグビーの応援では、相手の活躍に拍手こそすれ、ブーイングなどありえない。

というわけで、野球については、甲子園の今日の決戦はもちろんだけれど、来年度以降、「大学野球」として観戦するのが楽しみだ。斎藤君が早稲田大学に入学したら、大学野球は大フィーバー。そしたら、高校野球の枠にとらわれる痛々しさなく、また、私にとっては本当の母校の応援ということで、きっと力が入りそう。・・・って、斎藤君はすぐプロになっちゃうのかな。勝手ながら、ぜひ、早稲田大学にすすんでほしいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年8月 3日 (木)

亀田興毅の辛勝、なんだかね~。

亀田興毅の世界ボクシング協会(WBA)ライトフライ級王座決定戦の判定勝ちを見て、ガックリきてしまった。TBSに抗議が殺到したそうだけど、やっぱり、あれはないよなぁ~に私も1票。

今回は、演出過剰どころか、判定に八百長があったのかもしれない、との噂だ。ここのところ、ジダンの頭突きにしても、ツール・ド・フランスの主力選手のドーピング問題にしても、フェアプレイへの「裏切り事件」が多い。次々とスポーツへ選手への夢を壊れていくよ。あるいは、夢みることがいけないのか・・・。

他の真面目にやっているボクシングの選手たちは、さぞや忸怩たる思いで、今回の試合や亀田兄弟をみていることだろう。亀田があれで勝てるのなら、無名のボクサーたちがひたむきに練習したり、戦ったりするのは、なんなんだろうと思うかもしれない。

 ・・・などと思っていたのだが、先日、朝のワイドショーで、亀田父VSやくみつるの対決を見たら、ちょっと見方が変わった。話の筋が通っているのは一応やくみつるの方なんだけど、亀田父のひたむきでオバカな熱意には、何やら底知れぬ、論理をこえて、人をひきつけるパワーがあるのだ。亀田人気をあおるTBSの思惑がよくわかる。

「スポーツ」に「人間ドラマ」はつきものだ。

プレイそのものよりも、それをとりまく「人間ドラマ」のほうが、場合によっては、わかりやすく人々の感動のツボを押す。だから、ワイドショー的にメディアは「人間ドラマ」部分をクローズアップすることがある。

でも、「人間ドラマ」が一人歩きしすぎて、「スポーツ」のプレイそのものから目が離れてしまうのは、やっぱり妙なものだと思う。そのへんのさじ加減は難しい。

出版社に勤めるようになってから、学生時代に好きだった沢木耕太郎のスポーツ・ノンフィクションものも、ちょっと冷静に読むようになった。たしかに、美文の名作なのだが、物語を紡ぐために、事実にバイアスをかけている過程に想像が及ぶと、ちょっと疑問なところもある。

「1事実」→「2取材・加工」→「3作品」と3つの段階があるとする。

3に接すると、学生時代は、つい=1のような錯覚を覚え、そのまんま感動したりしていたけれど、あくまで3は、2という人為的な作業によって生み出されたもので、1とは全然、別ものだ。

私の仕事は2の周辺だ。そして、興味があるのは、あくまで1だ。私は、可能なかぎり、1を生のままを、自分の目でみたいのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)