« 2007年1月 | トップページ

2007年4月 5日 (木)

「あるスキャンダルに関する覚え書き」~女の業と孤独~

6月公開予定の「あるスキャンダルに関する覚え書き」を試写会で見た。都会に生きる孤独な独身女の複雑な心象風景が鋭い観察眼で描かれている。

定年間際の中学校の歴史教師バーバラ(ジュディ・デンチ)は、30代の美しい美術教師シーバ(ケイト・ブランシェッド)になみなみならぬ思慕の情を感じる。シーバをじっと観察し、さりげなく会話のきっかけをつかんで親しくなり、少しでも近づけた日には、手帳に金の星のシールをはるのだ。わー暗い! ところが、シーバが生徒と不倫関係にあることを知ったバーバラは、それを共通の秘密とすることで、さらにシーバに近づき、秘密の関係を強固にしようとする。

そのバーバラの冷酷でしたたかな計画がインパクト抜群だ。観察眼と思索を研ぎ澄まし、思いを溜めるバーバラの性格は、妙なリアリティを感じる。あれこれ考えてばかりではなく、もっと早くに、複雑に心の内部をふくらませる前に、感情をはじけさせれば、きっと楽になれるのにねぇ・・・。

バーバラが、シーバのスキャンダルをバータに、より彼女に近づこうという考えは、バーバラの卑屈な劣等感が丸出しだ。バーバラは歴史教師としてのキャリアやら賢さやら、冷静な判断力やらといった資質があり、それらをシーバへの幸せになるように使うこともできたはずなのだ。そうすれば、もっと平凡な友情が成立しうるはずなのに・・・。

つまり、バーバラは自分の人生をいまだに肯定できていないのだ。人生を模索中の若い時期ならば、わかる。しかし、定年間際の独身の女教師が、いまだにこんな鬱屈を抱えているなんて、なんと寂しいことなのだろう。

一方のシーバも寂しい。若く美しく、旦那と子供がいる家庭生活。一見、幸せなはずなのに、満ちたりなさを感じ、生徒との浮気に足を踏み入れてしまう。シーバはわがままなのか? しかし、憂いをたずさえて揺れ動く彼女の心こそが、彼女を人間的に魅力的に見せているのに違いない。

多様な生き方がある中で、願わくば、年齢を重ねながら、本人が選んだ人生を自然に受け入れていけるといいなと思う。それが年を重ねることであり、若さとひきかえに、得る安らぎでもある。ただ、なぜか、そんな理想の筋書きとおりにおさまらないところに、いつだって、ドラマがはじまる。

| | コメント (9) | トラックバック (3)

« 2007年1月 | トップページ