« 風邪ってヤダな | トップページ | 飲み会の話題メモ »

2006年12月 5日 (火)

早明戦は、いまいち

Soumeisen_2 風邪が治りきらぬままに、早明戦へ。

場所は、国立競技場。かなり、ぎっしりと席がうまっていて驚きだ。明治ファンが多いのだろう。スコアボード側には、幅広く、紫に白の旗がひるがえっている。昼ごろは、わりと温かかったが、すぐに曇ってきて寒くなる。

今回は、観戦メンバーに明治OBもいたため、バックスタンド中央のいちばん高いブロック(B席)に席をとった。正面には、新宿の高層ビルが林立しており、なかなか壮観なパノラマだ。

結果は、早稲田43vs明治21で、早稲田は、明治のフォワード重戦車攻撃をかわし、対抗戦6連覇を順当に決めた。のだが、個人的には、なんとなく不完全燃焼な気分。

ひとつは、まず、超個人的なのだが、観戦位置が遠すぎた。全体の流れは確かによく見えるのだけど、みんな豆粒大で、ゼッケンがかろうじてみえるかどうか。表情がみえたり、声がきこえたりする秩父宮のライブな趣がないと、つい応援への熱意と集中力が薄れちゃう。こういう、ちょっとしたことで、いちいち気分が左右しちゃうのは、いかにも、主観的な女のラグビー観戦なんだけど。

試合の中では、曽我部のパスミスで、明治の濱島にインターセプトされてトライとなったシーンが妙に後味悪く、目に焼きついている。

曽我部のロングパスが裏目にでてしまったこと。(今回の試合では、他にも曽我部はノックオンなど、ミスが多かった)。ボールを奪われて、早稲田の選手は誰も、本気で追いかけようとせずに、すぐにあきらめてしまったこと。濱島がど真ん中にトライをして、勝利のアピール・ポーズをしたこと。あとから、見たことには、ボールにキスまでしている。これは、ラガーマンシップ的にはなし!ですよね。

ひいた目線でみると、早稲田の勝利がほぼ確定している試合を見続けることに、少し飽きてきた気がする。伝統校の明治も、もっと脅威のチームになって、ラグビー界全体が盛り上がってくれないとね。

|

« 風邪ってヤダな | トップページ | 飲み会の話題メモ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122132/4431618

この記事へのトラックバック一覧です: 早明戦は、いまいち:

« 風邪ってヤダな | トップページ | 飲み会の話題メモ »