« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月25日 (土)

ラグビー早慶戦雑感

あー風邪ひいて、つらい・・・。ちょっと遅ればせながら、23日のラグビー早慶戦観戦記を。

私は前日、友人たちと松本に宿泊しており、試合の1時間前には中央自動車道、談合坂サービスエリアの休憩所にいた。間に合うかどうかハラハラしながら、高速をぶっとばして移動。外苑前で車からおろしてもらい、黄色く色づいた美しい銀杏並木をもっと、ちゃんと味わいたかった・・・と思いながら、猛ダッシュでくぐりぬける。バックスタンド側から飛び込み、秩父宮競技場に入ったのは、キックオフの1分前だった。

この日の観戦メンツは、慶応出身者2名、他大出身者1名、早稲田出身者3名の合計6名。敵味方混在の応援となる。あらかじめ席をとっておいてもらったため、なんとか着席できたが、秩父宮はほぼ満員。天候は曇り。少し肌寒く、日本酒をいただきつつ、観戦する。

春の早慶戦は新潟のビックスワンで行われて見に行ったのだが、14対40で、早稲田は負けている。その日は、ジャパンの試合などと重なり、早稲田はベストメンツではなかったが、それにしても課題の多い試合だった。印象的だったのが、慶応で3トライを決めた14番ウイング山田。敵ながら、あまりに華麗な動きで、存在感抜群だった。

さて、試合のほうは、前半は早慶ともに大きくボールを回すが、両者攻めても攻めても、膠着状態。豊田のトライ、曽我部のドロップキックが決まり、早稲田がようやく流れをつかんだかと思いきや、慶応のキャプテン青貫の執念のトライ。そして、慶応、山田の早稲田ディフェンスをふりきっての右すみタッチぎわでの華麗なトライが決まり、8対14でリードされたまま、ハーフタイム。

だが、後半で修正して実力を発揮するのが、最近の早稲田のパターン。五郎丸、今村、曽我部、矢富といったスターバックスが個人技を見せ付けるトライを連発。五郎丸は、タックルに入った慶応の山田をひきづったまま走りぬいての迫力のトライをみせた。五郎丸のコンバージョンも帝京のときと同様、後半になって、やっと決まりだす。41対26で早稲田勝利。圧勝とはいかなかったけど、見ごたえありました。

競技場で、早稲田スポーツ(新聞)をもらった。ここに、メンバーの50メートル走のタイムが書いてあって面白かった。いちばん速いのは、ジャパンにも選ばれたCTB今村の5.9秒。この走力が、あの縦突破につながる。後のレギュラー陣はだいたい6秒代。CTB谷口、WTB早田が6.0秒。WTB菅野が6.1秒。FB五郎丸が6.2秒とバックスはやはり、みんな速い。PR畠山が7秒5ともっとも遅いが、125キロの体重を考えるとやむをえない。意外に遅いなと思ったのが、SO曽我部の6.9秒。トリッキーなパスやトライの技が光る選手だけど、たしかに馬力でふっきるような突破はみない気もする。天才と呼ばれるが、足の遅さが弱点だったのね。まぁ、普通に考えたら十分、速いんだけど、ラグビーは、0.5秒くらいで、ずいぶんと試合が動くものだ。

帰りには、去年の早稲田の主将・佐々木、副将の青木、LO内橋の3人組、現在はコーチの久木元、タマリバでプレイする勝田各選手とすれ違い、人並みにミーハーな私は、心の中で「キャー!」と思う。いっしょに観戦した友人は手をふったり、写真をいっしょにとってくださいといって積極的に話しかけていたが、私は、逆に、こそばゆくて目をあわせられない。私など、所詮、一ファンに過ぎないし、どうせ、「がんばってください」「ありがとうございます」程度の会話しかできないのは、去年さんざんやって、わかっているから。

もう一度、大学生に戻ったら、私はラグビー部のマネージャーをするだろうか・・・と思い巡らす。でも、よく考えると、やっぱり、私には難しい気もする。できることなら、いつか、仕事を通じて、ラグビー関係者と関われたらいいなと思う。でも、そのためには、自分はまだまだ未熟。やっぱり、ただのファンでしかない。

しっかし、この寒空の下の観戦で、すっかり風邪をひいてしまったよ。あー、鼻がつまって気持ち悪い。今週末は仕事が山積みなのにどうなることやら・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月21日 (火)

そっくり!

Egg 今日は、銀座に昔からある洋食屋、煉瓦邸で、“元祖オムライス”をいただく。一般的なオムライスとはちょっと違い、卵をからめたライスをいためて、木の葉型にととのえある。卵がところどころ生っぽく、とろんとしていて美味。ハイカラな気分♪

いつも思うのだが、ここの経営者親子は顔も話し方もそっくりで、ふたりで「いらっしゃいませ~」とやってくるので、ビックリする。

“そっくり”といえば、先週の金曜日は、同じく銀座の日本料理屋、さのでお昼を食べたのだが、この板前さんは、私が通っている青山の美容院、ソシエゴの代表、佐野さんの弟さん。やっぱり目が大きくって、雰囲気が似ている。でも、何より似ているのがしぐさ。

美容師の佐野さんは、真剣に髪を切る作業に集中しているかと思うと、ふと、力を抜いて軽く目線をあわせ「いかがですか?」とさりげなく話しかけてくれる。日本料理屋のさのさんは、刺身に真剣に包丁をあててスーッと切ったと思ったら、「道わかりましたか?」と、柔和な表情で話しかけてくれる。その緊張→弛緩のリズムが、兄弟そっくり! 

カウンター越しのさのさんに、そう指摘すると、「ま、でも、あっちは青山のイケメンですからね。イ・ケ・メ・ンですよね、って言ってやってください。僕は1000円カットですよ。」と豪快に笑っていた。銀座と青山、食と美の巨匠。どっちも素敵です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月18日 (土)

京都に来ているわけだが

Kyoto_1あまりに立腹していて発狂しそう!

昨夜、病気で弱っているはずの後輩に連絡したら、どうも話が妙な方向に向かっていく。電話で1時間ほど口論になり、ヤツの自己本位で不遜な態度に、私の厚意をこれでもかというほど神経さかなでする暴言の数々に、驚きあきれて、思わずえびぞりになって、3回点半ひねりで、180度に熱した天ぷら油にダイブ!って感じ。私はけっこう、心の広い人間のつもりだけど、今回の件はあんまりのことに憤りすぎて興奮して一睡もできなかった。

せっかく訪れた、紅葉の京都なのに、何を見ても腹立たしい。バスの中で、昨夜の一件を思い返していたら、料金を支払い忘れて降りてしまい、運転手に怒られた。炎を抱えた怒り顔の阿弥陀如来にだけシンパシーを感じる。紅葉をみて、きれいとかじゃなくて、山々よ、もっと赤く燃えたぎれ!と思ったのははじめてだ。

この後輩の言動を会社の関係者に全部ひけらかしたい気分だが、プチ個人情報もからんでいたりするので、今、なんとか、心のうちにおさめている。

だが、なんと腹ふくるるものだろう! 私をここまで怒らせるあんた、本当すごいよ! 

なお、写真は京都の鞍馬山。大阪に堀ちえみのインタビューをしに行った帰りに立ち寄ってみた。ほか、三千院、金閣寺、竜安寺などにも行ってみたような気がするけど、イライラしすぎて、何も感想はない。以上。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月15日 (水)

世田谷通りの怪

昨夜も岐路についたのは24時ごろだった。いつものように世田谷通りを歩いていたら、セブンイレブンの2件隣の空き地の前に立ち止まっている人がちらほら。

空き地をのぞきこむと、な、な、なんと、馬が草を食べているではないか! ホンモノのかわいい子馬ですよ。飼い主も見当たらず、どこにも、つながれていない。WHY??? キミ、どう考えても居場所、間違ってるでしょう! あー、携帯を忘れて、写真とれなかったのが残念。

次の朝、もう一度見てみたが、馬はもういなくて、いつもの普通の空き地になっていた。あれは深夜のまぼろしか。

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月13日 (月)

ラグビーの秋、早稲田VS帝京

Teikyo_1

早稲田にとって、対抗戦グループいちばんの強敵、帝京大学との試合を見に秩父宮ラグビー場へ。今回の試合は、いっしょに行こうと誘った相手にことごとく断られ、ひとりで観戦すること。でも、ラグビー観戦は面白いので、へっちゃら♪(←それもどうよ、という話もあるが)

前半は、赤い集団、帝京に3トライを奪われて、22対19と厳しい展開。

しかし、後半は、早稲田のバックスをまわす展開で盛り返し、帝京を完封に抑えた。

なかでも、曽我部のゴール前でのタックルをはずしながら空中での絶妙なパス→菅野のトライは華麗! 今村の走って走って縦突破(早い!)。矢富のするりと抜けるトライなど、鮮やかなトライシーンがいっぱいで、久々に見ていて気持ちよかった。

バックスタンドはほぼ満席。10月9日に見に行った立教大学戦と比べると、やはり、圧倒的に人が入っている。そして、ずいぶん寒くなったものだ。日が沈むのも早くなり、後半は夕日がまぶしく、手でひさしをつくりながら観戦。

いよいよ、ラグビーシーズンも佳境。来週は、いよいよ早慶戦だ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 2日 (木)

洋服のサイズと再生

最近、自転車通勤したり、皇居まわりをジョギングしたりしているせいか、ほんの少しだけど、痩せたみたい。といっても、1キロくらいだから、全然たいしたことないんだけど、やっぱり、なんだか、うれしいな~。この心境の変化こそが、ダイエットの何よりの収穫だ。

で、さっそく新しい洋服を買いに行って、あれこれ試着していたら、体型を隠そうとするのではなく、できるだけタイトにして思い切ってラインをみせたほうが着やせすることを実感した。それで、手持ちの服をよくみると、ゆるいものが多かったので、徹底的にお直しをして、再生することにした。

今日は、スーツのジャケットの肩を2cm内側にいれ、1.5cm袖をつめ、スカートのウエストを4cmつめた。パンツの丈を6cm切って、ロングコートの丈も15cm切ってもらうようにオーダーした。先日、買ったタイトスカートも、ひとつ小さめのサイズのものに交換した。

ピッタリで着たほうがすっきりみえるって、理屈はわかっていたけれど、結局、これまでは、勇気がなかったの。とりあえず、太めの私には、目立たないように大きめを選んでごまかすしかない、ピッタリ着るなんてみっともない、と卑屈に思っていたから。

でも、あるものをあるがままに見せればいい。・・・んだよね。服だけのことだけじゃなく。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »