« 手漉き和紙のランプができた! | トップページ | 「フラガール」にみる観光産業の復興 »

2006年10月 1日 (日)

ラグビー・トップリーグ第4節、東芝、NECの順当勝ち

Toshiba_nec 青山~千駄ヶ谷まで自転車をふらふらと走らせて、秩父宮競技場の前をとおったら、ちょうどトップリーグの試合(NECvsリコー、東芝vsセコム)がはじまるところだった。千駄ヶ谷の東京体育館のプールに行く予定だったのだけれど、久々のラグビーの匂いにつられて、思わず、予定を変更して、入場してしまった。

秩父宮競技場は芝生がはりかえられたばかりだそうで、青々としていて、壮観だ。人のいりは、半分くらいか。

トップリーグの試合は、そんなに一生懸命追ってはいなかったのだけれど、今年は清宮監督ひきいるサントリー(去年6位)が宣言どおり、優勝するかが注目だ。サントリーのいちばんのライバルとなるであろう東芝やNEC(去年優勝)の試合も、見ておくにこしたことはない。日本代表の選手も続々登場することだし・・・。

NECとリコーはNECが順当勝ち。後半リコーが追い上げたけれど、逆転ならず。面白かったのが、ラグビーでは珍しく、乱闘騒ぎがあったこと。NECのSOヤコが、リコーのSHの春口翼選手をつまみあげたかなんだか?だと思うが、よくわからない理由で、いつのまにか多くの選手が参加する乱闘に。

リコーのSHの春口翼選手は、身長が159センチ62キロと小さいので目立つ。関東学院春口監督の息子で、同様に背が小さいけれど、とてもすばしっこい動きだった。

東芝vsセコムも、セコムがねばったものの順当に東芝が勝ち。東芝はさすがの貫禄だ。

今回は、はじめて、実況解説を秩父宮近辺だけできこえる特別ラジオ放送できいてみた。上田昭夫氏(慶応の元監督・現在フジテレビ勤務)のマシンガントーク炸裂。赤い髪の毛をパイナップル型に刈り込んでいる東芝・バツベイ選手のことを「これ、オラウータンだよ。オラウータン」とか、風邪をひいているらしく、「今から鼻かむから、なんかしゃべってて」と、急に解説を休むとか・・・。たとえば、今回は「ジャッカル」というプレーをテーマにし、ジャッカルになりそうなプレーについて重点解説があったり、ラグビーがよくわかる工夫がいっぱい。また、l素人っぽい女の子が、解説メンバーに加わっていて、たまーに、ぼけっと質問をするのも、場内限定のラジオ放送ならではのゆるさで面白い。一人ラグビー観戦の時は要チェック!

|

« 手漉き和紙のランプができた! | トップページ | 「フラガール」にみる観光産業の復興 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122132/3647009

この記事へのトラックバック一覧です: ラグビー・トップリーグ第4節、東芝、NECの順当勝ち:

« 手漉き和紙のランプができた! | トップページ | 「フラガール」にみる観光産業の復興 »