« 絵を描けなければ総理になれない? | トップページ | 二度寝の快楽 »

2006年8月21日 (月)

W早稲田戦ミーハー対決

8月20日、甲子園で早稲田実業VS駒大苫小牧が繰り広げられると同時に、菅平では、ラグビー部の夏合宿をしめくくる決戦、早稲田VS関東学院が行われた。ラグビー好きの私としては、菅平まで行くか、にわかフィーバーの野球をテレビで見るか、当日の朝まで迷っていたけれど、結局、この暑さの中、菅平まで移動して3試合みるという気力が失せて、高校野球をクーラーのきいている部屋で、テレビ観戦することに。

ハンカチ王子、斎藤君の15回の好投よくがんばった。クールなスライダーはもちろん、話し方がさわやかでかっこいい~!! 早実出身の友人の応援っぷりを最初はクールな目でみていたのだけれど、決勝を見たら、私もミーハー心を見事にかきたてられてしまった。こりゃあ、さぞかし人気がでることだろう。

もうひとりのヒーローといえば、2塁打をうった桧垣君。斎藤君と違って三白眼のニヒルなイケメン。将来は、商社あたりにつとめて、いかにもモテモテみたいなイメージ。彼は東京海上系列の会社の社長息子だそうで、社長はずっと、甲子園から帰ってこないという。

それから、父親がタイで闘病中の船橋君。バッティングについて、夏になってから、「何かをつかんだ気がする」とのことで、気迫と熱がダイレクトに伝わってくる感じがいい。バットをくるくると振り回して、うってやるぜ~みたいな。斎藤君と好対照のあついタイプだ。

それにしても、早稲田応援席に女子がいるのは、なんだか違和感。数年前、共学になった早実出身のワセジョは来年度から早稲田大学に入学するそうで。旧型ワセジョ代表としては、複雑。

甲子園になると、ミーハー心といってもオバサン目線。「子供が生まれたら、あぁいう子に育てたいわねぇ・・・」と思いながら見る。選手の名前が、みんな私の世代(30代)にもいそうな昔かたぎの質実剛健な名前なのも安心できる感じがする。田中将大、斎藤佑樹、皓次朗、悠、啓介など。たとえば、スノボの今井メロ&童夢みたいないかにも新しい名前は多くない。きっと、高校球児の親って、堅気の真面目なタイプが多いんだろうな。

ラグビーの試合を見に行ったときには、活躍する選手に対して、多少、妄想恋愛が入る。「好みのタイプ:めがねが似合う子、か。きゃー、もう、めがねかけて見に行っちゃう~」みたいな(笑)。でも、高校野球の選手はちょっと無理。この差は相手が、高校生か、大学生かっていうのもあるけど、それだけでもない。

あくまで、イメージなのだけれど・・・、高校野球は丸刈りだったり、強行な試合日程だったり、規則に従うこと、我慢強さが要求されるように思う。早実のいいとこ育ち・さわやか感は、ちょっと今どき風だけど、それが珍しいからこそ、これだけ注目されているわけで。基本的には、高校野球は、大人のルールの枠内で繰り広げられる旧型のドラマだ。

これに対して、ラグビーは「ノーサイドの精神」「All For One.One For Alll.」というスローガンのとおり、仲間を愛する広い心が大前提。そして、世間の注目度もそれほど大きくはなく、でも体の酷使と痛さは強烈で、見てくれが崩れてモテなくなることなど気にせずに、勝つために、文字どおり体当たりでストイックにプレイする姿には敬意を表する。こんなことをできる人は、年が自分より若くても、精神的にはよっぽど大人なのかもしれないな、と。ま、実際に選手と話してみると、「あーやっぱり学生だな」とほほえましく思ったりする場合もあるんだけど。

ちなみに、サッカーはJリーグをみていても、選手たちがみんな髪の毛そめていて、整った顔立ちの若者も多く、「目だってモテタイ」意識がとても感じられて、ちょっと嫌。応援にしても、派手なパフォーマンスしまくりで、試合をサカナにお客がストレス発散をしたいだけのように思えることもある。相手が失敗するとブーイング・コールをするのも、私の神経をさかなでする。ラグビーの応援では、相手の活躍に拍手こそすれ、ブーイングなどありえない。

というわけで、野球については、甲子園の今日の決戦はもちろんだけれど、来年度以降、「大学野球」として観戦するのが楽しみだ。斎藤君が早稲田大学に入学したら、大学野球は大フィーバー。そしたら、高校野球の枠にとらわれる痛々しさなく、また、私にとっては本当の母校の応援ということで、きっと力が入りそう。・・・って、斎藤君はすぐプロになっちゃうのかな。勝手ながら、ぜひ、早稲田大学にすすんでほしいものです。

|

« 絵を描けなければ総理になれない? | トップページ | 二度寝の快楽 »

コメント

初めまして管理人さん。
ANIKAと言います。
私も早稲田実業を応援していました。
甲子園を見に行ったのは小学校高学年で大ちゃん(ライオンズ投手コーチです。)が一年生エースの時でした。
斎藤君が気に入ってしまいました。
彼は正統派美男子ですね。
ヤンキース入団が夢らしいです。
早稲田大学へ進学して夢のヤンキースへ行って欲しいと思っています。

投稿: ANIKA | 2006年9月 8日 (金) 13時46分

ANIKAさん、はじめまして。
コメントいただけたのははじめてなので、感激です。ありがとうございます。甲子園時代の荒木大輔選手を応援できたなんてうらやましい限りですね。やっぱり生でみると、感動も迫力も違いますからね。早稲田の体育会関係者の知人によると、斎藤君は、早稲田大学に進学することが決まっているらしい、とのことです。そういう条件で、実業の野球部に入ったとか。斎藤君が早大生になったら、ちゃんと神宮に六大学野球を応援に行きたいと思っています。

投稿: HANA | 2006年9月10日 (日) 02時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122132/3149295

この記事へのトラックバック一覧です: W早稲田戦ミーハー対決:

» 「ハンカチ王子」大フィーバー〜早実初優勝おめでとう [万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記]
 ことしの甲子園は例年に増して面白かった。僕の住む京都の代表、福知山成美も頑張ったし、僕がかつて5年近く住んだ熊本の熊本工もはつらつとしていた。そして、なにより僕の生まれた東京の代表(西東京)早実の大活躍だ。祝初優勝。早実で大きな話題になっているのが斎藤....... [続きを読む]

受信: 2006年8月22日 (火) 16時03分

« 絵を描けなければ総理になれない? | トップページ | 二度寝の快楽 »