« 1分でできる卵スープ | トップページ | 他人の赤ちゃんはかわいいか? »

2006年8月 3日 (木)

亀田興毅の辛勝、なんだかね~。

亀田興毅の世界ボクシング協会(WBA)ライトフライ級王座決定戦の判定勝ちを見て、ガックリきてしまった。TBSに抗議が殺到したそうだけど、やっぱり、あれはないよなぁ~に私も1票。

今回は、演出過剰どころか、判定に八百長があったのかもしれない、との噂だ。ここのところ、ジダンの頭突きにしても、ツール・ド・フランスの主力選手のドーピング問題にしても、フェアプレイへの「裏切り事件」が多い。次々とスポーツへ選手への夢を壊れていくよ。あるいは、夢みることがいけないのか・・・。

他の真面目にやっているボクシングの選手たちは、さぞや忸怩たる思いで、今回の試合や亀田兄弟をみていることだろう。亀田があれで勝てるのなら、無名のボクサーたちがひたむきに練習したり、戦ったりするのは、なんなんだろうと思うかもしれない。

 ・・・などと思っていたのだが、先日、朝のワイドショーで、亀田父VSやくみつるの対決を見たら、ちょっと見方が変わった。話の筋が通っているのは一応やくみつるの方なんだけど、亀田父のひたむきでオバカな熱意には、何やら底知れぬ、論理をこえて、人をひきつけるパワーがあるのだ。亀田人気をあおるTBSの思惑がよくわかる。

「スポーツ」に「人間ドラマ」はつきものだ。

プレイそのものよりも、それをとりまく「人間ドラマ」のほうが、場合によっては、わかりやすく人々の感動のツボを押す。だから、ワイドショー的にメディアは「人間ドラマ」部分をクローズアップすることがある。

でも、「人間ドラマ」が一人歩きしすぎて、「スポーツ」のプレイそのものから目が離れてしまうのは、やっぱり妙なものだと思う。そのへんのさじ加減は難しい。

出版社に勤めるようになってから、学生時代に好きだった沢木耕太郎のスポーツ・ノンフィクションものも、ちょっと冷静に読むようになった。たしかに、美文の名作なのだが、物語を紡ぐために、事実にバイアスをかけている過程に想像が及ぶと、ちょっと疑問なところもある。

「1事実」→「2取材・加工」→「3作品」と3つの段階があるとする。

3に接すると、学生時代は、つい=1のような錯覚を覚え、そのまんま感動したりしていたけれど、あくまで3は、2という人為的な作業によって生み出されたもので、1とは全然、別ものだ。

私の仕事は2の周辺だ。そして、興味があるのは、あくまで1だ。私は、可能なかぎり、1を生のままを、自分の目でみたいのだ。

|

« 1分でできる卵スープ | トップページ | 他人の赤ちゃんはかわいいか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122132/2911871

この記事へのトラックバック一覧です: 亀田興毅の辛勝、なんだかね~。:

» hot latina nude models [hot latina nude models]
hot latina nude models [続きを読む]

受信: 2007年3月19日 (月) 21時35分

« 1分でできる卵スープ | トップページ | 他人の赤ちゃんはかわいいか? »